どうも、30Hr石塚です。何か僕めっちゃ書かされますね。
先日、翔んで埼玉っていう映画観てきました。
千葉県人としては埼玉が千葉に勝てるはずがない(不毛な争い)とか思ってましたけど、面白かったです。ネタがわかるとめっちゃおもろいです。
関東出身の方はぜひ見るべきですね!(煽り耐性のない方は注意)

基礎(飛鳥)

スケール
B♭
E♭
A♭

ハーモニー
B♭ 下
E♭ Tb.Euph
A♭ 金管濁り(3音)

5月の風
発音がニュクニュク
F4前から全体で揃えて
Trioでファゴットは金管の音色を出しましょう
F〜ホルンは楽に力む
アクセントがわからん
木管の動き出し、金管の息のスピード
G以降 息のスピード低や歌いこんでしまうので後ろに行ってしまう
H終わり リリースが吐き捨て気味

ディープパープル
Aはアルト辺りガツめでいいよー
D前とか 子供のままごとみたいだねー
→木管も音を立たせる、聴こえさせる方がいい

シンフォニアノビリッシマ
DとかEとか動き
Hの刻み 遅くならないように
J2前のfが山にならないように!Jに持っていく

午後 初見合奏
1 名前よりもいい曲だった
2.3.4 マーチっていろいろあるね
5 あのさぁ…(棒読み)
最後は小並になってしまいましたが許して下さい。(何でもするとは言ってない)

冒頭の話の続きですが、最近ディズニーに行く人多いっすね。
僕としては千葉訪問者が増えるので嬉しいです!いや、皆千葉なんてディズニーだけだろとか言いますけどそれで十分じゃないですか!魅力度爆上がりですよ!ダ埼玉なんかに負けませんよ!(煽っていくスタイル)

#お前の地元は田舎だろしゃいにー
#東京をつけてイキるな千葉県人

すいませんでしたm(__)m
お疲れ様です。若林です。

新歓合奏2回目にして、やっと、やっと、、、2019年度初の部日誌です!
(ブラフェスの部日誌が揚がってないぞ若林)
(どこか誇らしげだな若林)
(でも本文書いたのは進藤だぞ若林)

以下本文です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【基礎合奏】
Esdur, Bdur,Fdurのスケール音程に気を付ける

【シンフォニアノビリッシマ】
A 
クラメロディー強弱分かりやすく
D7前 
トロンボーン、ハーモニーの移り変わりをはっきりさせる
K 
k前の全音符を張る
連符出す
テンポをキープ
M
全音符ペース配分(最初は抑える)

【ディープ・パープル】
メロディー符点四分張る
~A
木管トリルメロディーに乗るように
I
木管メロディー吹き込む
  メロディー、
J
低音アクセントで切る部分注意
Tp,Trb1,2頭のアクセントに食いつく感じで
Tp,裏からのリズム転ばないように
O
トロンボーンメロディー重くならないように
R
Trp Hrn 出す 
木管抑える
 Hrn グリッサンド聞かせる

【五月の風 】
発音に気を付ける
5~6小節 山になるように持っていく
Aからの低音の刻み軽くなりすぎないように
37小節低音ff寄り

D 
主旋律を吹いているのは誰かを意識する
クラ Dのアウフタクト
E2前、低音松葉作る
83 トロンボーン伴奏歌う
F トロンボーン、ホルンのアクセント
 ホルンが聞こえるように落とす
99小節 低音頭のアクセントはっきり
135小節 八分音符リリース
H2前ユーフォ、トロンボーン松葉
全体としてアクセントは意識してつける